メニュー

生活習慣病について

生活習慣病生活習慣病は、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒などの生活習慣が原因として発症し、進行する病気です。

かつては成人病とよばれ、年齢とともに発症する病気と考えられていました。

しかし近年ではコロナ禍による外出機会の減少やフードデリバリーの普及などから若い患者さんの増加が見られています。

生活習慣病は症状がほとんどないため、気づかないうちに進行してしまうことがあります。

当院は、生活習慣病の治療に最も力を入れております。

健診で異常が指摘された方や、以前受診していたけれど忙しくて通院できなくなってしまった方など、どなたでもお気軽にお越しください。

生活習慣病とその合併症

高血圧症糖尿病高脂血症(脂質異常症)高尿酸血症(痛風)、脂肪肝、脳卒中、心臓病、閉塞性動脈硬化症など。

当院の治療方針

医学的な根拠に基づき、患者さん一人ひとりのライフスタイルに合わせた生活習慣改善のアドバイスを行います。

いきなりお薬を開始するのではなく、まずは生活習慣を改善するようにお話をすることを原則としています。

もちろん、医学的にすぐお薬を開始した方がいいと考えられる状況では、その旨をご説明したうえでお薬による治療を開始します。

薬による治療を開始した後も、薬を減量・中止できるかを常に検討しながら治療を継続していきます。

これまで送ってきた生活習慣を変えるのは簡単なことではありませんが、患者さんと歩調を合わせて二人三脚で歩んでいくことを心がけます。

重篤な糖尿病や難治性の高血圧など、専門医療機関での治療が必要な場合には、患者さんと相談のうえ適切な医療機関にご紹介いたします。

 

記事執筆者 本通水田内科クリニック院長 水田 隆誠
広島大学医学部医学科卒
「北海道/道東」内科専門研修修了
日本専門医機構認定 内科専門医 (2023年10月1日現在)

 

関連ページ

高血圧

糖尿病

脂質異常症

高尿酸血症 (痛風)

健康診断で異常を指摘された方へ

 

診療案内のページに戻る

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME